>

人生の大切な時間を肥満が奪う

家族との憩いの時間も過ごせない

肥満で一番困ることは食事です。
好きなものを好きなだけ食べることはできません。
もちろん、栄養のあるものを食べるのはそうなんですが、いろいろな食べ物を均一に食べることが良しとされます。

肥満になるという事は体に脂肪がつくので、あまり脂肪になりそうなものは食べることはできません。
ですが、美味しいものは大体脂肪になるんです。
これを我慢するのはとても大変です。
年中いろいろな行事がありますよね。
その行事に合わせて沢山の料理があるわけです。
それを家族を横に自分だけ食べないわけにはいきません。

こういう行事への参加も気持ちよくできなくなります。
これも肥満が原因ですね。
普段から気持ちよく生活するためにも肥満はなんとかして解消したいですね。

外出すれば肥満も解消

肥満は体に余計な脂肪がつくことです。
脂肪が溜まるという事は脂肪を消費しないからです。
体を動かさないことにより体力も落ちてしまいます。

動かないことにより一定のテリトリーを出ようとしません。
つまり、自分の確立された範囲から外に出ようとしないのです。
そのことにより、新しい出来事との出会い、新たな人との出会いがありません。
どんどん自分の殻に籠っていってしまうのです。
自分の固定概念に凝り固まってしまうので臨機応変に物事に対応ができません。
新たな情報や視点との接点がないので存在が自分だけになっていきます。

色々な人との出会いや、機会、出来事や視点とふれあう機会は肥満を解消しようという意思が必要です。
どんどん、外に出て行くことによって肥満も解消されて人間としても大きくなれるのです。


この記事をシェアする